家の買い換え特例とは

家の買い替えを考えている方は大勢いますが、そこには何かと税金が絡んでしまうものです。しかし、3000万円の特別控除があることから、節税をしながら家の買い替えができるのです。そして、そのほかに「家の買い換え特例」という制度も用意されています。家の買い換え特例とはどういった仕組みなのでしょうか。

家家の買い換え特例とはこれまで居住していた不動産を売却し、新たな不動産を購入する際に使用できる制度で、税金がかかりません。
そのため、非常にお得な制度と言えるでしょう。
しかし、家の買い換え特例には条件があり、10年以上居住していた不動産でなければなりません
そして、新たに購入する不動産が売却する不動産よりも高額である必要があるのです。
そのため、自分の不動産がこれに該当するか確認をしておきましょう。
そして、売却価額よりも買い替え価額が高い場合は課税されず、新たに買い替えた家を将来売却する際に繰り延べられます

もちろん、配偶者や親族などに対する譲渡の場合は適用されません。さらに、住宅ローン控除などと併用することも禁じられています。また、売却する不動産は自分の住んでいる家屋か、住まなくなってから3年以内でなければなりません。


Relatedpost↓
買い替え特例と控除どちらがお得か