買い替え特例と控除どちらがお得か

家3000万円の特別控除と買い換え特例がありますが、どちらがお得なのでしょうか。
書類などの手続きだけで考えると3000万円の特別控除でしょう。
しかし、この制度によっていくら税金がかからなかったとしても、国民健康保険料や介護保険料の算出では考慮されません。
そのため、不動産の売却をしたことで保険料が高額になることもあるのです。

それでは、買い換え特例ではどういったメリットがあるのでしょうか。
こちらの制度では買い替えの時点で売却ではありませんので、譲渡所得の発生はありません。
そのため、保険料の算出に影響を与えないのです。
そして、新たに買い替えた不動産を売却した際に、かつての不動産を売却したとみなされます。つまりは、売却を目的としなければ、買い替え自体に課税はされませんので、お得になります
その代わり、当然ながら買い替えた物件を売却する際には、その分の金額に課税をされることになります。

そのため、買い換え特例を選ぶのであれば、買い換える不動産の価格がこれまでの不動産の売却価格と同等かそれ以上の場合、買い換える不動産にずっと生活する場合、今後に売却する際は買い換え特例を受けたい場合、などのケースでしょう。